カードローンに向いている人と向いていない人

カードローンは一度契約しておけば、繰り返し借入れと返済ができるようになります。自由に借入れができるので、1枚持っておくと何かと役立ちます。ただし繰返し借入れができるという点には注意も必要となります。安易に借入れを繰り返せば、借入残高が膨れ上がり、返済の負担も大きくなってしまうためです。

 

カードローンには、好ましい使い方と好ましくない使い方、うまく活用できる人と失敗してしまう人というものがあります。成功事例と失敗事例を参考に、カードローンとどのように向き合っていけばいいのかをまとめました。

 

 

カードローンの利用目的について

カードローンはお金に関する様々なトラブルを解決します。現金を直接引き出せるので、ちょっとした生活費の補填や支払い関連、飲み会や食事の誘いや冠婚葬祭など、様々な場面で利用ができます。

 

好ましい利用目的としてはレジャー関連や欲しいものの購入、資格取得のための学費関連など、自分の生活やスキルを豊かにするための使い方は望ましいと言えます。もちろんレジャー関連で頻繁に借入れをするのは好ましいとはいえませんが、余裕のある範囲で利用できているかどうかが重要となります。

 

一方、好ましくない使い方としては、生活費の補填や他社の返済の補填などです。ギャンブルや投資関連での借入れも、好ましいとは言えないでしょう。レジャー関連の余裕のある利用の仕方との違いは、そのカードローンでお金を借りて、返済の目途が立つかどうかという点にあります。

 

例えば他社での借入れの返済が間に合わないからといって、カードローンでその場は解決しても、よく月以降はさらに返済の負担が大きくなります。ギャンブルについても、負けてしまうと自分の資金が減るだけでなく、借入れ分の返済の負担も発生してしまいます。

 

借入れの金額について

カードローンは借り過ぎに注意とよく言われます。というのも、カードローンの金利は各種ローンの中でも高めに設定されています。借入額が大きいとかかる利息も大きくなるので、中々返済が難しくなります。その為、カードローンの借入額は、数十万円程度までが望ましいと言えます。

 

もしも100万円を超えるような融資を考えているならば、各種目的別ローンで解決できないかを考えてみましょう。車の購入ならマイカーローン、結婚式の費用ならブライダルローンと、金額が大きければ目的別ローンの方が、低金利で借りられます。

 

急な飲み会の費用や出張の交通費など、些細な出費であれば、手軽にサッと引き出せるカードローンが力を発揮します。少額の借入であれば利息もそれ程かかりません。

 

週末の資金需要に対してもモビット札幌市での即日融資のように最短即日の利用開始も可能となっており、平日も土日も頼れるのが早い手続きのカードローンの良さです。

 

短期間の計画的な利用で負担を軽減した早い借入れも可能となっているため、借りすぎ使いすぎにさえ注意をすれば暮らしに大いに役立つ便利なサービスとなります。

 

返済ペースについて

カードローンで借りたお金を毎月返済する時、賢い人は多めに返済しています。カードローンは少額から返済が可能なので、お金を多少借りても返済の負担はそれ程ではありません。ただし、最低額の返済を続けていても、中々完済しません。返済額の多くが利息に消えてしまうため、支払総額が大きくなってしまいます。

 

また、最低限の返済しかしないと中々元金が減らないので、新たに借入れをしたい時に十分に借入残高が減っていないケースもあります。それ程頻繁に借りているつもりはなくとも、借入残高の減るペースが遅いので、借入残高が中々減りません。

 

カードローン利用に向いている人は、必要な分だけ借りるのもそうですが、早く返済するという点を心掛けている傾向があります。必要な分だけお金を借りたら、給料日後に全て完済するなど、借入残高がいつも少ない状態です。借入残高が少ない状態が続いていれば、金利の高いカードローンといえども、実際にはそれ程利息は発生しません。

 

利息が高ければ借り換えを考える

ただし返済期間が長くなってくると利息も多くかかるようになり、負担も大きくなってしまいます。余計な利息の支払いは利用者には何のメリットもないので、利息の負担が大きくなってきたと感じられる場合には低金利のカードローンへの借り換えを考えてみるべきとも言えます。

 

消費者金融から銀行などの低金利のカードローンへの借り換えが可能となれば毎月の返済も、最終的な利息総額も軽くなる場合があるので、余計な利息を支払いたくないのであればオリックス銀行カードローンの借り換えを利用するなど、とにかく負担の軽いところのカードローンを利用しましょう。

 

オリックス銀行カードローンなら来店不要で時間をかけずに申込みが進められ、毎月の返済も少額に抑えられているので高い金利からの借り換えでカードローン利用を成功に導けるようにもなっています。